DIP-J Pro Ver.7 (販売終了)

【ソフト紹介】  IPDL の各種検索サービスに対応したダウンロードソフトです。

  • 公報テキスト検索
  • 特許・実用新案公報DB
  • 特許分類検索
  • 意匠テキスト検索
  • 意匠分類・Dターム検索
  • 商標出願・登録情報
  • 称呼検索

ダウンロード画面



特許公報テキスト検索/意匠公報テキスト検索



生死判定ソフト FinalReport と連携させると、検索結果の中から生存特許のみをダウンロードすることも可能です。

   ・・・DIP-J Pro と FinalReport の連携利用例

意匠分類検索


商標



商標データはCSV形式に変換することもできます。



連続ダウンロード件数
特許100件
意匠100件
商標50件


 
【価格】 本製品の販売は終了いたしました。後継製品 DIP-J Pro 2013 をお求め下さい。

 
【動作環境】
日本語WindowsXP, Vista, Windows7 (32ビット版) / IE7, IE8


インターネットセキュリティソフトの影響を受ける場合があります。動作不良が見られる場合はセキュリティソフトの動作を停止させた場合の動作をご確認下さい。
 
【バージョン】 Ver 7.2.4 (2012/03/31)
 
【ダウンロード】 dipjpro_724.zip (試用可)
 
【最近の改訂事項】
  • (7.2.4) 経過情報の番号入力支援−2011年以降の出願番号に対応
  • (7.2.3) ダウンロードスキップした公報の代表図が要約一覧に表示されなくなっていた点を修正
  • (7.2.2) 公報テキスト検索:最初にダウンロードされる公報の発明名称に「意匠」の語句が含まれると
         アドレス違反エラーとなる不具合を修正
  • (7.2.1) IE8 の環境で、特許分類検索の検索結果リスト画面が開かない場合があった点を調整
  • (7.2.1) 特許分類検索で、イメージ形式のダウンロードの際、スクリプトエラーが表示されて
         ダウンロードが停止する場合があった点を調整
  • (7.2.1) サーバー変更対応(公報テキスト検索の検索条件保存機能)
  • (7.2.0) サーバー変更対応
  • (7.1.3) 各HTMLファイルの内部タグを調整
  • (7.1.3) ウィンドウ制御の調整
  • (7.1.2) 各HTMLファイルの内部タグを調整
  • (7.1.2) 公報テキスト検索の欧州特許抄録に対応
  • (7.1.1) Ver 7.1.1 はライセンスキーの再登録が必要となります。
  • (7.1.1) 商標出願・登録情報で称呼の検索ができるようになった点に対応
  • (7.1.1) 特許テキストの「全文・全図面」ダウンロード時に手続補正書もダウンロードするよう変更

  • (7.1.0) 商標称呼検索の変更に対応
  • (7.1.0) 経過情報ボタンの手操作ブラウズに対応
  • (7.0.1) 特許分類検索のダウンロードにおいて、図面の無い公報で停止する不具合を修正
 
【サポート情報】
2011.06.01 意匠公報テキスト検索 ご利用上の注意

5月29日のサーバー改訂により、意匠公報テキスト検索に図面つき一覧の機能が新設されましたが、DIP-J Pro は図面つき一覧からはダウンロードできません。
意匠公報テキスト検索の検索結果を表示させる際は、図面なし一覧を表示させてください。

2010.03.23 サーバー改訂への対応状況

2010.03.22のサーバーメンテナンスによりサーバー仕様が変更となりました。

サーバー変更対応バージョンは 7.2.0 〜となります。
旧バージョンでは、特許実用および商標のダウンロードができなくなっております。

サーバー改訂により公報テキスト検索の検索入力項目が増えましたが、
検索条件をファイルに保存する機能は、 追加した検索入力欄、およびNOT条件欄には未対応です。
(先頭から5個の入力欄だけが保存されます。)
→ 7.2.1 で対応しました



 
【関連/連携ソフト】
JPGaz 10 for IPDL 超おすすめ 公報ビューアの決定版!

FinalReport 特許の生死判定

DIP-J Pro と FinalReport の連携

公報レイアウト KOHO ダウンロードしたテキストデータを体裁よく印刷するためのWordアドイン

KOHOSum ダウンロードしたテキストデータから抄録を作成

DIP-J Classic 2011 番号指定による公報ダウンロード

KOHOExpress 公報PDFへ簡単アクセス






本サイトは JavaScript を有効にしてご覧下さい。