DIP-J Classic 2015 2015.04.27 リリース(販売終了)
[PR]
JPGazDSS V12
特許公報ビューア


【ソフト紹介】   特許情報サイト 「J-PlatPat」 より特許・実用・意匠・商標の公報データをダウンロードするソフトです。

――― エディション別機能 ―――

Type300 Type50
特許実用
意匠
商標
PAJ
機械翻訳
連続取得件数 300 50
CSV出力


番号指定でダウンロード


 特許・実用・意匠・商標の公報番号を入力(貼り付け)し、連続してダウンロードを行います。

 テキスト(HTML)/イメージ(GIF)/TIFF/PDF 形式でのダウンロードが可能です。

 特許はPAJや機械翻訳もダウンロードできます。(Type300)



【注意事項】
サービスサイトでは大量アクセス規制が行われています。
アクセス規制 (アクセス拒否) を受けると、しばらくの間サービスを利用できなくなりますので、ダウンロード件数にはご注意ください。


検索結果のダウンロード


公報テキスト検索や特許分類検索等の検索結果から番号リストをクリップボードに取り出すことができます。
(商標検索、意匠検索にも対応)

これを番号入力欄に貼り付けてダウンロードすることができます。





CSVデータ作成機能  ( Type300 )


ダウンロードした公報データからCSVデータを作成することができます。(特許、意匠、PAJ)





――― 旧製品との機能比較、変更点 ―――

 ・PAJ, 機械翻訳は Type300 のみの対応となります。
 ・外国公報への対応は未定です。
 ・審決公報への対応は未定です。
 ・イメージ形式は常に拡大イメージが取得されます。(オプション指定の廃止)
 ・「ダウンロード済のページをスキップ」のオプションは廃止となりました。
 ・「ダウンロード済の公報をスキップ」はイメージ形式の場合にのみ適用されます。
 ・テキスト形式は常に全文形式で取得されます。(オプション指定の廃止)
 ・テキストとイメージを同時に取得する「テキスト+イメージ」のモードは廃止となりました。
 ・テキストが分割して表示されるケース(ある程度大きな公報)に対応しました。
 ・番号入力欄:入力した番号群が 特実/意匠/商標 ごとに保持されるようになりました。
 ・各種検索ページを直接開く機能は廃止となりました。
 ・英語テキストのときには常に機械翻訳もダウンロードされます(オプション指定の廃止)
 ・機械翻訳が分割出力されるケース ("CONTINUE"リンク) に対応しました。
 ・旧バージョンでダウンロードしたデータのCSV化はサポート対象外とさせていただきます。


【動作環境】 日本語Windows8.1, Windows7
Internet Explorer 11

IE8-10の環境では簡易な動作確認のみ、行っております。
 
【ラインナップ】
【 価  格 】
エディション Type300 Type50
バージョン Ver 8.1.3 (2017.04.13) Ver 8.1.2 (2016.05.31)
ダウンロード(試用可) djc2015_300_setup.exe djc2015_50_setup.exe
価 格 本製品の販売は終了しました。

【サポート】 サイト側の仕様変更により動作不良となる場合があります。
ご購入後1年間、当該変更への対策版を無料でご提供致します。

【ご注文方法】 本製品の販売は終了しました。後継版をお求めください。

【最近の改訂事項】
  • (8.1.3) サイト出力仕様変更対応:「【特記事項】」記載の案件でCSVが不完全になる点を修正
  • (8.1.2) サイト変更対応 - (商標) イメージ形式ダウンロードが動作不良になっていた点を修正
  • (8.1.2) 番号入力:商標の出願番号に対応
  • (8.1.1) サイト変更対応 - (特許) 図面部図番の改行状態を調整
  • (8.0.16) サイト変更対応 - データファイルが正常に作成されなくなった点を修正
  • (8.0.15) [Type300] 意匠CSV - サイト側で住所情報が出力されなくなったことにより意匠権者、創作者の出力データが乱れるようになった点を修正
  • (8.0.14) 実用公開と登録実用を同時に指定すると一方の公報種別がダウンロードされなかった点を修正
  • (8.0.13) 登録番号と公告番号を同時に指定すると公告公報がダウンロードされなかった点を修正
  • (8.0.12) 特許登録番号の指定に対して公開公報がダウンロードされる場合があった点を修正
  • (8.0.12) [Type300] CSV - 公報仕様4.3版への対策
  • (8.0.11) 番号入力「特許第〜号」形式がNGとなっていた点を修正
  • (8.0.11) 実開を指定しても実全がダウンロードされていた点を修正
  • (8.0.11) 法人格略記形式の見直し
  • (8.0.11) [Type300] 機械翻訳の書式調整(冗長な改行タグをなるべく除去)
  • (8.0.11) [Type300] 公報によってはPAJがダウンロードできない場合があった点を修正
  • (8.0.11) [Type300] CSV - PAJ処理の調整(和暦年号を西暦に変換して出力)
  • (8.0.10) 既存データの場合は、ダウンロードリストの通し番号の横に「*」マークを付加
  • (8.0.9) テキストモード 画像の表示サイズを調整
  • (8.0.9) 特許テキスト 古い公報で公報HTML本体に代表図が残ったままになる点を調整
  • (8.0.9) 意匠CSV 最新公報(公報仕様第9版)の処理を調整(国際分類)
  • (8.0.9) 特許CSV 特許公報発行後の公開公報―「発行日」(特許公報発行日)を識別できていなかった点を修正
  • (8.0.9) 特許CSV B1公報の要約を取得できるよう修正
  • (8.0.8) 商標:テキストモードの場合に音声データをダウンロードし、ダウンロード一覧および公報HTMLにリンクを設定
  • (8.0.8) 商標テキスト:画像の表示サイズを調整
  • (8.0.7) 番号入力画面のDL状況表示の精度を改善(商標、英語テキスト、および該当公報なしのとき)
  • (8.0.7) 番号認識の調整
  • (8.0.7) 英語テキスト:PAJ図面がないケースの調整
  • (8.0.7) 英語テキスト:HTMLの体裁を調整
  • (8.0.6) 特許テキスト:図面フレームが正しく作成されなかった点を修正
  • (8.0.5) 特許テキスト:「図面FIt」(図面の表示幅をウィンドウに合わせる)のリンクを追加
  • (8.0.4) 特許テキスト:イメージの表示幅を最大800ピクセルに調整
  • (8.0.3) 特許テキスト:IE9で「図の説明の重複を除去」を指定すると図面がダウンロードされない点を修正
  • (8.0.3) 特許テキスト:該当がある場合はセクションジャンプのリンクに「手続補正」を追加
  • (8.0.3)「 ダウンロードしたPDF/TIFF を次の場所にコピーする」が正しく機能していなかった点を修正
  • (8.0.3)番号検索エラーの低減(意匠の番号検索がいったん検索エラーになっていた点を調整)
 
【関連・連携ソフト】
JPGazDSS 特許公報ビューア

DIP-J Pro 特許・意匠 検索・ダウンロード






本サイトは JavaScript を有効にしてご覧下さい。