FileScope2015
FileScope/TD 2015  2015.04.13 リリース (販売終了) ↓ ダウンロード / 最新版 
[PR]
FileScope/OA
タイムラグなしで経過を確認


【ソフト紹介】 国内特許の審査経過情報を取得するソフトウェアです。意匠、商標にも対応しています。

FileScope/TD には包袋管理機能(出願関連のファイル管理機能)も搭載されています。

 番号を入力してボタンを押すだけで経過情報が取得されます。









 所定期間ごとに経過の再確認を行うと、動きのあった出願が色分け表示されます。





 取得した経過データを閲覧する際には、主要な手続に関するキーワードがハイライト表示されます





旧製品からの変更点
  メイン画面の一覧に「審査記録差分」(前回照会時の審査記録との差分)が追加されました。
  「審査書類照会」へアクセスする機能は、「案件をサイトで表示」に移行となりました。
  「最終処分照会」からのデータ取得機能は廃止となりました。




FileScope/TD 書類管理機能



 ドラッグ&ドロップで登録

所定の出願件の書類一覧ウィンドウを開いて包袋書類を管理(登録、削除、ファイルを開く)します。

書類一覧ウィンドウへファイルをドラッグ&ドロップするだけで登録できます。
複数ファイルを一括してドラッグ&ドロップすることもできます
登録されたファイルの表示順序は任意に変更することが可能です。




 一括登録

出願番号を含む名前のファイルを、自動で出願件別に振り分けて一括登録することができます。
(ファイルメニュー「書類の取込み」)


 任意登録

登録されたファイルは出願件ごとに所定のフォルダ(「書類フォルダ」)に格納されます。
ファイルエクスプローラを用いるなど、任意の方法で書類フォルダに追加したファイルもFilScope/TDで表示することができます。

 未公開の案件も管理可能

出願番号、出願日等のデータを手入力して未公開の案件を管理することもできます。

 
【動作環境】 日本語Windows8.1, Window7
Internet Explorer 11

【ライセンス】
ライセンス種別 利用条件
エンドユーザーライセンス  本ソフトウェアを利用して得られたデータ、またはそれを加工して
得られたデータ、およびそれらの印刷物 (これらを以下「取得データ等
といいます) は、お客様の社内でのみご利用いただけます。
 外部から受託した調査業務やデータ販売のために本ソフトウェアを ご利用になるには、以下のスモールビジネス/ビジネスライセンスを お求め下さい。
スモールビジネスライセンス 特定の1名のユーザーが、2台までのPCでご利用いただけます。
取得データ等を社外へ販売・配布することができます。
従業員数3名以内の 
   個人事業者・法人・団体様
がご購入いただけます。
ビジネスライセンス 取得データ等を外部に販売・配布することができます。
PC5台分のライセンスパックとなります。


【ラインナップ・価格】     本製品の販売は終了しました。FileScope最新版 をお求め下さい。

FileScope2015 FileScope/TD 2015
エンドユーザーライセンス  ¥ 20,000 / 1PC  ¥ 30,000 / 1PC
スモールビジネスライセンス  ¥ 30,000 / 1User 2PC  ¥ 45,000 / 1User 2PC
ビジネスライセンス  ¥ 100,000 / 5PC  ¥ 160,000 / 5PC

【ダウンロード】
FileScope2015 Ver 5.0.7 (2016.07.14) filescope2015_setup.exe
FileScope/TD 2015 Ver 5.0.7 (2017.07.19) filescope_td_2015_setup.exe

【サポート】 サイト側の仕様変更により動作不良となる場合があります。
ご購入後1年間、当該変更への対策版を無料でご提供致します。

旧製品(〜FileScope2014)で旧サービス (IPDL) からダウンロードした経過情報データのご利用は
サポート対象外となります。新たに照会ダウンロードした経過情報データでご利用下さい。
 (旧データは 「一応」 利用可能ですが、不具合が生ずる可能性があります。
   一覧データファイルはご利用可能です。)

【ご注文方法】 本製品の販売は終了しました。FileScope最新版 をお求め下さい。
 
【最近の改訂事項】
  • (2016.07.19) 7/14掲載の FileScope/TD の収録モジュールが誤っており、
              一部機能が利用できない状態となっておりました。
              申し訳ございません。
  • (5.0.7) 全部照会のとき、1件完了するごとにリストファイルを更新するよう変更
  • (5.0.7) Family リンク : Espacenet仕様変更対応
  • (5.0.4) 番号入力の重複チェックを行う/行わない を切替可能に(一覧表右クリックメニュー)
  • (5.0.3) 「案件をサイトで表示」後、公報等をウィンドウ内のフレームで表示するよう変更
  • (5.0.3) 「案件をサイトで表示」のショートカットキー F11 が有効になっていなかった点を修正
  • (5.0.2) IE8用の調整
  • (5.0.1) 「審査記録差分」の列を追加
  • (5.0.1) 審査記録の最終行を認識できていなかったために適切な日付が反映されなかった点を修正
  • (5.0.1) CSV出力 : 審査記録、登録記録、審判記録の最終行が欠落していた点を修正
  • (5.0.1) CSV出力 : IPCの最後の分類が欠落していた点を修正
  • (5.0.1) CSV出力 : 優先権情報が重複して出力される場合があった点を修正
  • (5.0) J-PlatPat対応

【関連ソフト】
FileScope2014,
FileScope/TD 2014
本ソフトの旧製品

FileScope/OA 「審査書類情報照会」対応

FileScope/Legal INPADOC Legal status データ管理

FileScope/EP 審査経過管理 欧州特許版

FileScope/PCT PCT国内移行チェック






本サイトは JavaScript を有効にしてご覧下さい。